レビュー

蕎麦の町釧路に行った感想!頼んだメニューをレビュー!

こんにちは! milkcrownです。私は生まれも育ちも釧路の釧路っ子です。(もうダイブ大人ですが笑)

このブログでは釧路の魅力をお伝えしたり、日々感じる事や体験記などをドンドンupしていきます!

釧路について皆さんご存知でしょうか。『霧の町釧路』というほどに霧が多い所で知られていますが、他の都市に類をみないほどお蕎麦屋さんが多く、『蕎麦の町釧路』と言っても過言ではありません。

釧路と言えばまずお蕎麦!これからは『蕎麦の町としての釧路』を広めて参りたい。。。

では早速、私の大好きな釧路のお蕎麦についてご紹介していきます。

蕎麦の町釧路行った感想!

老舗のお蕎麦屋さんに『竹老園』があります。

竹老園さんの歴史

明治7年(1874年)小樽で創業した後、明治45年(1912年)釧路にて開業。

昭和2年(1927年)現在地で営業。長い歴史がありますねぇ。。。

 

竹老園さんの雰囲気

佇まいは四季を楽しめる日本庭園やお座敷があり、気軽に食事ができる食堂もあります。

車場から向かい側のお店へ行くのに道路を渡りますが、お子さま連れの方などは車の往来に十分注意してくださいね!

道路はカーブ掛かっていて視界が悪いです※交通情報をお伝えします。

 

時間帯によってはかなり混雑しているので、私は昼食時・夕飯時の時間帯を確実に外して行きます。 今日も3時過ぎに到着。。。

ちょうど1組帰るところで、食堂店内はなんと貸し切り状態!笑 こんな事初めて。。。解放気分でいつもは空いていない日本庭園が眺められる窓際の席へ座りました。

あいにく外は冬景色、少々寂しい風景でした。

蕎麦の町釧路で頼んだメニューはこれ

私の好きなメニューは、何と言っても「かしわそば」です。体の芯まで冷えた日にはもってこいです!

親鳥のうま味と鰹の出汁と、とにかく最高に美味しい一杯です。毎日でも飽きないハズ!(^^)!

その美味しさは別のメニューを生み出す程

かしわそばの麺を抜いた「かしわ抜き」というのがあります。

「抜き」と呼ばれ、誰もが知る定番のメニューです。※ちなみに、回転寿司のサイドメニューにさえなってますよ!笑

釧路蕎麦の特徴

釧路の蕎麦の特徴はクロレラ入りの緑色をした麺が多く、これは東家の伝統的な技法が受け継がれているからです。

基本的には、蕎麦の実の中心部を挽いた更科粉と一番粉を使った細麺の蕎麦で、麺自体は緑色をしていて、初めて見る方にはどう映るでしょうか。。。

味の方は、クロレラが入っていても全くクセはなくとても美味しいです。 温かいお蕎麦だと麺はふっくらもちもちした感じになり、冷たいお蕎麦だとギュッと締まってすこし歯ごたえのある感じです。

そしてそして、竹老園でぜひご賞味頂きたいメニューは「そば寿司」です。これはハズセない!

麺をすし飯ほどの酸っぱさに味付けしていて、すりおろした生姜を少し乗せて海苔で巻いてあります。。。おしょう油のようなタレに付けて食べます。

市内ではここでしか食べられず、私はそば寿司目当てで竹老園へ行くと言っても良いほどです!

そば寿司をお土産でお持ち帰りすることもできますよ。

※そば寿司もどこかでサイドメニュー化されてるって。←それはやり過ぎでしょっ!!

 

そば寿司

 

蕎麦の町釧路『竹老園』おすすめポイント

ぜひ一度はゆっくりとお座敷でくつろいで頂きたい(電話予約可)。

メニューにはお蕎麦のコースもあり『抜き』や『そば寿司』もしっかりと入り存在感をアピールしています。

お座敷で食べるもよし、食堂で済ませるもよし。。。

 

かしわ蕎麦とそば寿司を食べたいけれど今日は1人。

あいにく完食する自信が無いっ、半人前のそば寿司にしてもらいその残り半人前と1人前(1.5人前)をお持ち帰りできないか聞いてみた。。。お店のお姉さんは少々戸惑った様子。

「残るようでしたら折にしますね」と親切に言ってくださり、私は迷わずかしわ蕎麦とそば寿司を注文したのでした。

 

貸し切り状態の本日は、注文から出来上がりまでに5分と掛からないスピードでした! (私の後に入ってきたお客さんも3分ほどで出来上がってました)

結局、残すのが嫌で完食しました(^-^;

※お会計の際にそば寿司が残ったかどうかを確認してくれました♪

まとめ

■空腹を我慢できるなら、時間を外して行くのがおススメ! 3時過ぎが狙い目。※東家系列のお蕎麦屋さんは火曜日が定休日なので注意です

かしわ蕎麦そば寿司どちらも私のイチオシですが1人で2品は多かった。※一緒に行った人とそば寿司のシェアができればgood!

■そば寿司が食べきれないようなら、折に入れてもらえるかも!お店のお姉さんに相談。※お持ち帰り用そば寿司あり(2人前)

■時間があるなら、一度はお座敷でゆっくりと♪ 電話予約可能です。

■ぬさまい橋より車で5分ぐらいです。

 

私の場合、汁がどうしても好きなので、どんぶりが空になるまで止まりません!

塩分取りすぎにはくれぐれも注意しましょうね(^^)